どうにか借金を整理したいのに利用中のクレジットカードも

どうにか借金を整理したいのに利用中のクレジットカードも失いたくないという人の場合、債務整理の方法の中でも任意整理を選択することで持ち続けられることもあります。

任意整理は任意の債権者を選定して整理が可能な制度のため、持っていたいカード会社はそのままに、それ以外の債権者と任意整理を行う事により、カードを持ち続けられます。

けれども、どうしても任意整理を行う以上、信用情報には事故記録が載ってしまいますから、それによってカードの更新の際に利用停止となる見込みが高いでしょう。一人一人の事情に応じて、債務整理をするべきか、それとも多重債務を一本化するおまとめローンをするべきかは一概には言えません。前者では、将来利息が免除されることで返済総額を減らすことができますが、一旦は信用情報が傷つくため新しい借金はしばらく出来ないというデメリットがあります。
後者では利息の低い所を選ぶことができれば支払い総額の減少が少しは見込めますが、債務整理ほどではありません。
けれども、返済をしっかり続けられるならば信用情報に傷をつけずに済みます。

車を所有したまま債務整理をしたいのなら、車のローンはそのままで、任意整理などにすれば、車を残しておけるでしょう。ですが、持ち続けることに許可が下りるかについては、債務者が仕事や生活でどれだけ車を使っているかで変わってくるでしょう。車がない場合でも生活が成り立つようならば、所有を認められない可能性も高いので、あらかじめ担当する弁護士や司法書士に相談し、車を手放した場合の不利益について訴えましょう。すべての司法書士が債務整理を扱えるわけではなく、法務大臣の認定を受けた司法書士以外は、どのような手段であれ債務整理を手がけることは認められていません。
料金は弁護士より若干安いようですが、司法書士の場合、任意整理だと債権者1人につき借金の合計額が上限140万円までという制限があります。

それ以外にも、自己破産や個人再生では弁護士が債務者の代理人になれるのに対し、認定司法書士でも代理人にはなることは原則としてできませんので、裁判所に行くのは債務者本人ということになります。

債務整理をした友人からその経過についてをききました。毎月ずいぶん楽になったそうで心から良かったです。
私にも多数の借金がありましたが、もう全部完済済みなので、自分とは無縁です。債務整理には欠点も存在しますから、全て返済しておいて良かったです。
自己破産の手続きに入る場合は、預貯金についてはもれなく破産申立書の中で申告しなければいけません。資産があれば、20万円を超えた部分については債権者へ分配(返済)されますが、これは自己破産ならではのシステムです。

とはいえ、別の預金口座に移したり現金で隠し持ったりすることは思わない方が良いでしょう。
素人の考えることなどたかが知れていますし、発覚すると最悪の場合は自己破産しているのに免責は許可されなくなるのですから、正確に報告したほうが身のためでしょう。

債務整理をした場合、ブラックリストに名前を載せられ、それが消滅するまでの5年の間、新たにクレジットカードを持つことは困難でしょう。けれど、5年経っていないのに作成可能な人もいます。

そんな場合は、借金を全て返済しているケースがほとんどです。信用が得られたら、クレジットカードも作成可能です。
任意整理の場合は無関係で、個人再生の場合は基準が甘いので、大した問題とはならないものの、債務整理の方法に自己破産を選んだ場合は、財産隠しは禁忌の一つです。

破産申立の際にどのくらいの現金と資産の所持が認められるかは法で定められた上限があります。
それを上回っている分は処分することになるのですが、もしも隠していた事が知られれば免責が許可されないのみならず悪ければ詐欺罪の疑いを持たれてしまいます。誤解している方が多いので説明しますが、自己破産をすると、申し立てした日から免責が確定するまでの間は資格や職業の制限が生じます。

士業と呼ばれる中では弁護士、司法書士、公認会計士がそれで、ほかに宅建取引業者なども該当します。こういった資格保持者、就労者は、裁判所に自己破産の申し立てを行った時から免責決定が下りるまでの何ヶ月間は就労できないのです。
時間的には数ヶ月といったところでしょう。任意整理や個人再生では、こういった制限はないですし、通常は職場に知られることもありません。債務整理をすると、このことがJICCやCICなどの個人信用情報機関の金融事故歴に残ります。記録が消えるまでは、JICCの場合、債務整理の種類に関係なく、約5年ほど記録が残ります。
また、CICでは債務整理の方法によって期間が変わり、自己破産ならば約5年、その他の債務整理の場合は金融事故扱いになりません。

いずれの情報機関でも、情報が残っている間はローンやクレジットカードの審査に落ちるでしょう。
弁護士 無料相談 電話